院内・設備紹介|元町駅・みなと元町駅で歯科・歯医者をお探しの方はみなと元町歯科まで

みなと元町駅 徒歩2分 元町駅 徒歩5

English consultation is available on certain days. Please contact us to make an appointment.

時間 日・祝
9:00~13:00
15:00~19:00

▲:土曜日午後の診療は14:00~17:00
休診日:木曜・日曜・祝日

予約優先

  • 電話
  • メニュー

院内紹介

  • イメージ画像

    入口

    入口にはミニスロープをご用意しており、車椅子やベビーカーの方も安心してご来院していただくことが出来ます。

  • イメージ画像

    受付

    気持ちよくお過ごしいただけるよう、院内で履いていただくスリッパはすべて専用の滅菌器で滅菌処理をしております。
    ご来院いただきましたら、まずは受付までお声がけください。

  • イメージ画像

    待合室

    待合室はリラックスしていただける雰囲気づくりを心掛け、清潔感の感じられる白と、温もりのある木目や緑を取り入れたインテリアにしております。

  • イメージ画像

    ファミリー診療室

    ファミリー診療室ではお子様と一緒に保護者の方もお入りいただけます。
    他の診療室より広くスペースを取っておりますので、安心してお子様のペースに合わせながら治療を進めていきましょう。

  • イメージ画像

    診療室

    各診療ユニットはパーテーションで区切られておりますので、周りを気にせずに、ご自身の治療に専念していただけます。

設備紹介

  • イメージ画像

    口腔内用撮影カメラ

    主に歯周治療や外科処置、義歯治療時に撮影します。治療前後に綺麗な画像で患者様と一緒に状態や変化を見ていただいています。色の表現が正確なため、ホワイトニングや審美治療の歯の色調確認にも使用します。

  • イメージ画像

    口腔内用ペン型カメラ

    歯1本1本を詳細に撮影することが可能で、むし歯の状態や歯石の付着状態を患者様にお見せし、一緒に確認します。

  • イメージ画像

    歯科用CT

    360度すべての方向から三次元の立体画像を撮影することで、歯の状態だけでなく、顎の骨の厚みや幅、神経や血管の位置も把握することができます。特に、抜歯やインプラントなどの精密さを求められる治療において欠かせない機器です。

  • イメージ画像

    レーザー治療器(ヨシダ オペレーザーPro)

    歯周病・知覚過敏などの治療、歯ぐきの切開や歯ぐきのメラニン(黒ずみ)除去、傷口の殺菌、治癒促進など身体へ負担をかけずにできる、優れた機器です。

  • イメージ画像

    アルジネート自動練和器

    お口の型をとる時に使用する印象材を粉が飛び散ることなく、スピーディーに気泡やムラのない状態で混ぜ合わす器械です。

  • イメージ画像

    真空練和器

    詰め物や被せ物、入れ歯は印象材でとった型に石膏を流し込んで、石膏模型にしてから作製工程を進めていきます。 流し込む石膏に気泡が混入したり、混ぜ合わせにムラがあると詰め物や被せ物、入れ歯にひずみが起き、適合不良の原因になることがあります。この器械は真空状態で気泡もムラもなく混ぜ合わすことができます。

  • イメージ画像

    滅菌器

    患者様一人一人に滅菌済みの器具・器材をご用意して治療を進めております。滅菌器は歯科専用のものですので、細部まで確実に滅菌することが可能です。

  • イメージ画像

    ハンドピース用滅菌器
    メンテナンス器

    直接お口に触れる器具の一つであるハンドピース(歯を削る器具)専用の滅菌器と、メンテナンス器を導入しています。

  • イメージ画像

    空気清浄機(エアロシステム)

    大学病院でも導入されている医科用空気清浄装置「エアロシステム」を設置しています。空気中のウイルスや細菌、粉塵、花粉などを徹底的に除去して、清潔で安心できる治療環境を維持しております。

  • イメージ画像

    口腔外バキューム

    お口の外に飛び散る歯の削り飛沫や技工物を削る時に使用します。

  • イメージ画像

    AED

    万が一に備え、AED(自動体外式除細動器)を設置しております。そのほか経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)、血圧計、救急蘇生セットを設置しております。

  • イメージ画像

    酸素吸入器

    治療中に極度の緊張やストレス、体調不良などによって脳が酸素不足になり、気分が悪くなることがあります。そのような場合、酸素吸入で呼吸を楽にし、体への負担を抑えるよう心がけております。

ページトップへ